「県立」タグアーカイブ

兵庫県立淡路医療センター

兵庫県立淡路医療センター
兵庫県立淡路医療センターは県立淡路病院の移転・建て替え事業

 

Loading map...

Loading


所在地:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-137
新病院開院:2013年5月1日(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:441床(一般377、精神45、結核15、感染4)
標榜診療科:内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、脳神経内科、血液内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科

淡路島の中核病院、唯一の公立病院として地域住民の医療を支えてきた県立淡路病院は旧カネボウ電子工場跡地に兵庫県立淡路医療センターとして新築移転しました。

淡路島の救急医療に対応すべく救命救急センターを整備。移転後は、がん診療連携拠点病院の指定を受け、緩和ケアも充実するなど拡充を続けて、淡路島の高度急性期・急性期医療を担う基幹病院としての役割を果たすとともに、在宅医療や予防医学を地域の医療機関や介護福祉施設と連携を取りながら推し進める。

 

設計安井建築設計事務所、施工は戸田・村本・前川JV

進捗:開院済み
参考URL:https://awajimc.jp/archives/category/%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

兵庫県立こども病院

兵庫県立こども病院
医療施設が集積するポートアイランドの中核施設「兵庫県立こども病院」

 


所在地:兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目6-7
新病院開院:2016年5月1日(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:290床
標榜診療科:精神科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、循環器内科、腎臓内科、脳神経内科、血液・腫瘍内科、代謝・内分泌内科、周産期内科、新生児内科、整形外科、形成外科、脳神経外科、小児外科、泌尿器科、心臓血管外科、産科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科、小児歯科

兵庫県立こども病院は、多くの医療施設が集積するメディカルクラスターの中核施設として、ポートアイランドに移転しました。

総合周産期母子医療センター、小児救命救急センター、小児がん医療センター、小児心臓センターを中心に、急性期の高度な集学的治療を行うと共に、長期にわたり疾患と共に生活していくこども達とご家族に対する、支援と癒やしの場としての機能の充実を図っています。

集中治療部門の設備や人員を整備・充実のほか、総合診療部門、在宅療養移行支援病棟、地域連携部門を充実。隣接する神戸陽子線センターとも連携して、小児がんの治療にあたる。

施設設計は内藤建築事務所、施工は大林組

進捗:開院済み
参考URL:http://www.hyogo-kodomo-hosp.com/

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

兵庫県立西宮統合新病院

兵庫県立西宮統合新病院
兵庫県立西宮病院と西宮市立中央病院が県立県営病院に統合再編

 


所在地:兵庫県西宮市津門大塚町11-52
新病院開院:2025年(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:552床(一般492、EICU3,救命救急12、NICU6、GCU6、HCU/GICU/CCU14、SCU6、精神8)
標榜診療科:(予定)内科、消化器内科、血液内科、腎臓内科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、心臓血管外科、精神科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、ペインクリニック内科、呼吸器外科、ペインクリニック外科、皮膚科、歯科口腔外科、臨床検査科

兵庫県立西宮病院と西宮市立中央病院が県立県営病院に統合再編されます。県と市で基本合意がなされ、2019年末に基本計画をまとめました。

新病院はアサヒビール西宮工場跡地に建設されます。

規模は600床程度で、原則両病院の機能を統合継続する。高度急性期・急性期医療を担い、阪神医療圏域における救命救急センターとしての役割を果たすとともに、地域の医療機関との役割分担や連携を強化。災害拠点病院として、屋上ヘリポートの整備や免震構造の採用など、災害に強い病院を目指します。

また、今後の高齢者人口の増加や疾病構造の変化を見据え、「脳神経外科」「心臓血管外科」「精神科」を新設する。

病床規模は552床。現在の中央病院が担っている地域包括ケア病棟の機能は、回復期機能を持つ医療機関に対応を委ねることとなりました。

県立病院ですので、職員の採用は県病院局が窓口となります。
採用情報はコチラ
→https://web.pref.hyogo.lg.jp/bk02/ha02_000000030.html

進捗:基本計画を策定
参考URL:https://www.hospital-nishinomiya.jp/info/feature/way/

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

都道府県がん診療拠点病院兵庫県立がんセンター

都道府県がん診療拠点病院兵庫県立がんセンター
兵庫県立がんセンターは2020年半ばから基本設計に着手予定

 


所在地:兵庫県明石市北王子町13-70
新病院開院:2024年(予定)
建替条件:現地建替
許可病床数:400床
標榜診療科:消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、血液内科、腫瘍内科、消化器外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、乳腺外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、頭頸部外科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、歯科口腔外科、緩和ケア内科、病理診断科、リハビリテーション科

都道府県がん診療拠点病院としての指定を受け、「兵庫県立成人病センター」から名称変更した「兵庫県立がんセンター」。
老朽化対策としての建替え計画は、新病院は大学関係者、外部有識者等からなる検討委員会「兵庫県立がんセンターのあり方検討委員会」の最終報告で「現地建替が望ましい」と報告され、現地建て替えで基本計画も取りまとめられました。

兵庫県立がんセンターは、県内外のがん診療の中核病院として、がん登録件数からも関西有数のがん専門病院です。

均てん化が進む中でも、県内がん医療のリーディングホスピタルとして最先端の高度ながん医療を提供するとともに、がん患者の最後の砦となる専門病院として整備します。

がんセンターの更なる診療機能の充実を図るため、医師、医療従事者等の確保状況を踏まえ、呼吸器センター、消化器センター診療機能別外来化学療法センター、内視鏡センター、緩和ケアセンター、ゲノム医療センターの専門センターの整備を検討しています。

進捗:基本計画策定済み
参考URL:https://web.pref.hyogo.lg.jp/life/cate3_147.html

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)
兵庫県は、県立はりま姫路総合医療センター(仮称)として県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院を統合再編を推進中。

所在地:兵庫県姫路市神谷町(キャスティ21 イベントゾーン「高等教育・研究エリア」内)
新病院開院:2022年(予定)
建替条件(統合新築)
許可病床数:736床(一般:720、精神:16)
標榜診療科:

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)は、県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合病院として、2022年の開院を目指す。

関連施設として、姫路市が誘致を進める獨協学園医療系高等教育・研究機関、兵庫県立大学の医産学連携拠点が入る予定。

進捗:建物工事中
参考URL:https://web.pref.hyogo.lg.jp/press/20180823_4db9f385ceb1ac51492582f20005be07.html

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]


兵庫県立丹波医療センター(仮称)

柏原病院と柏原赤十字病院が兵庫県立丹波医療センター(仮称)に統合

所在地:兵庫県丹波市氷上町石生2002番地7
新病院開院:2019年7月(予定)
建替条件(移転統合新築)
許可病床数:320床(急性期:204、回復期リハ:45、地域包括:45、緩和:22、感染:4)
標榜診療科:
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、糖尿病内科、神経内科、血液内科、リウマチ科、腎臓内科、外科、消化器外科、乳腺外科、脳神経外科、整形外科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、救急科、病理診断科

柏原病院と柏原赤十字病院が兵庫県立丹波医療センター(仮称)に統合します。

県立柏原病院は、丹波圏域の中核病院として急性期を中心とした医療、柏原赤十字病院は、予防医療や回復期等を中心とした医療を行ってきました。提供してきました。
両院の老朽化・狭隘化の解消のため、新病院として統合再編するとのこと。

合わせて、丹波市地域医療総合支援センター(仮称)を隣接整備して、保険、医療、福祉介護を担う拠点を目指します。

設計:佐藤総合、施工:大林JV

進捗:建物工事中
参考URL:http://www.kaibara-hp.jp/news/new_hospital/

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]


沖縄県北部 新基幹病院

沖縄県北部新基幹病院
沖縄県立北部病院と北部地区医師会病院を統合し新基幹病院整備を検討中

 


所在地:沖縄県名護市大中2-12-3(沖縄県立北部病院)
新病院開院:未定(予定)
建替条件:統合新設
許可病床数:未定(減床予定)
標榜診療科:未定

沖縄県名護市にある沖縄県立北部病院と北部地区医師会病院は統合し、市内に新たな基幹病院を整備する方針で検討中ですが、基本合意に苦慮し当初スケジュールから遅れている模様。

県は2病院の職員数合計から3割程度削減した規模で検討しています。病院規模や建設地などの具体的な計画はまだ先になりそうです。

許可病床数:未定(減床予定)
現 沖縄県立北部病院:327床(一般325、感染2)
現北部地区医師会病院:200床( 一般 )

標榜診療科:
現 沖縄県立北部病院:
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、病理診療科、救急科、麻酔科、地域診療科、総合診療科、歯科口腔外科

現北部地区医師会病院:
内科、外科、消化器外科、整形外科、麻酔科、リハビリテーション科、放射線科、皮膚科、病理診断科、リウマチ科

進捗:基本合意協議中
参考URL:https://www.pref.okinawa.jp/site/hoken/iryoseisaku/hokubukikann.html

沖縄県の新病院マップはコチラ

沖縄県の新病院

沖縄県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.6)

■1位 1,887件

ナース人材バンク

■2位 1,401件

ジョブデポ看護師

■3位 1,050件

看護のお仕事

滋賀県立小児保健医療センター

滋賀県立小児保健医療センター
滋賀県立小児保健医療センターは県立総合病院敷地南側で移転再整備を行う予定

 


所在地:滋賀県守山市守山5丁目4番30号
新病院開院:2024年1月(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:100床
標榜診療科:(見込み)総合内科、神経内科、心臓内科、アレルギー科、腎臓内科、血液・リウマチ科、整形外科、脳神経外科、小児外科、形成外科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、こころの診療科、麻酔科、リハビリテーション科

基本計画によって以下の機能再構築の方向性が示されました。

  • 難治・慢性疾患分野等の専門性の強化
  • 重症患者等の患者受入能力の強化
  • NICU後方支援機能の充実
  • 病病診連携、技術支援など地域連携機能の強化
  • 県立総合病院との連携体制等による急変時対応の強化
  • 保健指導部の役割の明確化と業務の整理
  • こどものこころの診療センターの設置と精神医療センターとの連携強化による発達障害への対応
  • 虐待を受けた子どもへ関係機関と連携を図り、医療機関として対応
  • 医療的ケアが必要な重症心身障害児を主な対象として総合療育を提供
  • 他の県立病院、地域医療機関等との連携による小児から成人まで切れ目ない医療の提供
  • 入院児童・生徒に県立守山養護学校にて学習環境の確保

2019年8月に設計者を特定し、現在は建物設計中。設計は内藤建築事務所

2020年6月現在、小児の常勤医と看護師の募集がありました。求人サイトでは下記のサイトで見つけることができましたので、登録するならコチラがおすすめです。

進捗:建物設計中
参考URL:https://www.pref.shiga.lg.jp/byouin/saikoutiku/102753.html

滋賀県の新病院マップはコチラ

滋賀県の新病院

滋賀県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 2,021件

ナース人材バンク

■2位 1,501件

ジョブデポ看護師

■3位 1,272件
[看護roo]

鳥取県立中央病院

鳥取県立中央病院は2018年9月に工事完了して、12月に新病院をオープンしました。
地域の医療機関との連携を一層強化し、地域で完結できる高度急性期医療体制を目指します。

所在地:鳥取県鳥取市江津730
新病院開院:2018年12月16日
現地全面建替
許可病床数:518床
(一般415、ICU:6、HCU:16、MFICU:3、NICU:12、GCU:12、緩和ケア:20、救急:20、結核:10、感染症:4)
標榜科:
内科、神経内科、心臓内科、呼吸器内科、消化器内科、血液内科、糖尿病・内分泌・代謝内科、腫瘍内科、外科、消化器外科、呼吸器・乳腺・内分泌外科、心臓血管外科、脳神経外科、小児外科、整形外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、救急科、歯科口腔外科、麻酔科、総合診療科、緩和ケア科、集中治療科
※H27.4.1施行 鳥取県病院局組織規定より
救急指定状況 :救命救急センター
その他指定 :周産期母子医療センター

病院運営の柱は

  1. 県立病院としての使命を全うし、安全・安心な医療を地域住民へ提供すること。
  2. 優秀な人材の育成。
  3. 健全な病院経営

新病院では
屋上ヘリポートの設置
救命救急センター
MFICU
NICU・GCU
ハイブリッド手術室
PET-CTやIMRT
などの最善の施設・設備整備を行っています。

進捗:開院済み
参考URL: https://www.pref.tottori.lg.jp/chuoubyouin/

鳥取県の新病院マップはコチラ

鳥取県の新病院

鳥取県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 1,083件

ナース人材バンク

■2位 926件

ジョブデポ看護師

■3位 555件
[ナースフル]


ふたば医療センター附属病院

福島県の富岡町に新設の県立「ふたば医療センター附属病院」が2018年4月23から診療を開始しました。

所在地:福島県双葉郡富岡町大字本岡字王塚817-1
新病院開院:2018年4月23日
建替条件(新設)
許可病床数:30床(全室個室)
標榜診療科:

富岡町に新設された県立「ふたば医療センター付属病院」は東京電力福島第一原発事故で失われた双葉郡の二次救急医療機能を回復させ、近隣の診療所などと連携して地域医療を支える役割を果たす。

新病院は救急科と内科を設けて、救急搬送、地域の医療機関の診療時間外(夜間・休日)の来院、他の医療機関で入院が必要と判断されたケースに対応します。

なお、高度医療の必要な重篤者は福島医大付属病院などに搬送ことになっています。

医師は福島医大付属病院の医師19人が非常勤で勤務し、平日の日中は4~5人、休日の日中は3~4人、平日、休日とも夜間は2人体制となります。

病床数は30床ですが、より高度な医療機能を備えた病院への患者の搬送、医師の移送に使える多目的医療用ヘリコプターを導入しています。

進捗:2018年4月23日に開院済み
参考URL:http://www.town.okuma.fukushima.jp/soshiki/kenkoukaigo/4649.html

福島県の新病院マップはコチラ

福島県の新病院

福島県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.7)

■1位 2,892件

ナース人材バンク

■2位 1,981件

ジョブデポ看護師

■3位 1,579件

看護のお仕事