兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)

兵庫県立 はりま姫路総合医療センター
兵庫県は、県立はりま姫路総合医療センター(仮称)として県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院を統合再編を推進中。

 

Loading map...

Loading


所在地:兵庫県姫路市神谷町(キャスティ21 イベントゾーン「高等教育・研究エリア」内)
新病院開院:2022年(予定)
建替条件:統合新築
許可病床数:736床(一般720、精神16)
標榜診療科:(診療科目):総合内科(内科)、循環器内科、脳神経内科、糖尿病・内分泌内科、消化器内科、腎臓内科、呼吸器内科、腫瘍内科、血液内科、感染症内科、緩和ケア内科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、整形外科、形成外科、歯科口腔外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉・頭顎部外科、放射線診断科、放射線治療科、膠原病科、病理診断科、救急科、精神科、麻酔科、産婦人科、小児科

兵庫県立はりま姫路総合医療センター(仮称)は、県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合病院として、2022年の開院を目指します。

規模は、736床。一般床は従前の合計病床数722床から2床を削減した720床とし、16床は精神病床となります。

引き続き両病院がこれまで行ってきた循環器疾患医療、救命救急センター機能等、専門性の高い医療について継承・発展させていき、高度専門・急性期医療を中心とした政策医療のうち、播磨姫路圏域が抱える課題を踏まえ、当該圏域における中核的な医療機関を目指します。

また、高度専門・急性期医療を担う病院として播磨姫路圏域の公的病院、民間病院等と連携・協力し、地域医療ネットワークの中心的役割を果たします。

救急医療では、総合的な診療機能を活かし、成人を中心とした幅広い疾患に対応する救急医療の充実を図ることにより、播磨姫路圏域における医療提供体制等の課題解決に取り組みます。

そして、教育・研究の分野でも、先進医療への貢献を含めた質の高い診療・教育・研究を行い、将来の活躍が期待される医師・医療従事者が集まるリーディングホスピタルを目指します。診療・教育・研究活動の成果を広く公開・還元して、疾病予防の啓発活動や予防医学の進展への貢献を図ります。

全体計画としては関連施設として、姫路市が誘致を進める獨協学園医療系高等教育・研究機関、兵庫県立大学の医産学連携拠点が入る予定。

設計は梓設計、施工は大林組・阿比野建設・北村工務店JV

2020年12月現在、
県立姫路循環器病センターでは臨床工学技士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、臨床検査技師を、
製鉄記念広畑病院では医師、看護師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、作業療法士、視能訓練士、診療放射線技師、看護助手、医師事務作業補助者
と幅広い職種で募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [MCナースネットtext]
  • [看護rootext]

進捗:建物工事中
参考URL:https://web.pref.hyogo.lg.jp/bk01/harimahimeji_hp_houjin.html
[ranking][28兵庫県][ContentsUnder]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください