神奈川県総合リハビリテーションセンター

神奈川県総合リハビリテーションセンターは、2017年12月より本格運用を開始済み

Loading map...

Loading

所在地:神奈川県厚木市七沢516番地
新病院開院:2017年12月
建替条件(現地建替)
許可病床数:320床 280床(一般:120、回復期リハ:80、障害者施設病棟:80)
標榜診療科:
整形外科、リハビリテーション科、内科、外科、脳神経外科、泌尿器科、神経内科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、歯科口腔外科、麻酔科

新福祉棟は、2016年6月に移転完了
新病院棟は、2017年12月より本格運用を開始済み

現在は、旧病院本館の除却工事中で
すべての工事が完了するのは、2019年7月末を予定。

なお、病院の新築に先立ち、七沢リハビリテーション病院脳血管センターは閉鎖し、
2017年3月に神奈川リハビリテーション病院に移転、統合しました。

進捗:解体・外構整備中
参考URL:http://www.kanagawa-rehab.or.jp/and-rehabilitation/saiseibi
[ranking]
[14神奈川県]
[ContentsUnder]

山形県立新庄病院

山形県立新庄病院は改築整備基本計画を策定済み。
 

 
所在地:山形県新庄市金沢字中関屋地内
新病院開院:2023年度中(予定)
建替条件(移転新築)
許可病床数:325床(予定)(一般275(感染4、地域救命救急C10、地域包括ケア50)
標榜診療科:内科、神経内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科(予定)、小児科、外科、乳腺外
科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、
放射線科、麻酔科、緩和ケア内科、腫瘍内科、血液内科、精神科・心療内科、歯科、救急科、リハビリテーション科、腎臓・内分泌内科、総合診療科(院内標榜)

全面移転建替えとし、移転場所と開院予定時期も定まりました。

規模は325床で
救急医療の機能強化、周産期・小児医療の堅持、緩和ケア病床機能の整備等の方針を打ち出しています。

・感染症指定医療機関(特定・第一種・第二種)
・災害拠点病院
・へき地医療拠点病院
・臨床研修指定病院
・がん診療連携拠点病院
・小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関

進捗:設計中
参考URL:https://www.pref.yamagata.jp/ou/byoin/550001/shinjyou-kihonkeikaku/kihonkeikaku.pdf
[ranking]
[06山形県]
[ContentsUnder]

公益財団法人慈愛会 今村総合病院

公益財団法人慈愛会 今村総合病院は2017年6月に開院済み
ホームページも新しくなっていました!!

所在地:鹿児島県鹿児島市泉町1-15
新病院開院:2017年6月1日
建替条件(大規模増築)
許可病床数::370床
標榜診療科:
内科、救急科(総合内科)、血液内科、糖尿病内科、腎臓内科、人工透析内科、神経内科、外科、消化器外科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、皮膚科、ペインクリニック科、リハビリテーション科、眼科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、気管食道・耳鼻咽喉科、脳神経外科、整形外科、放射線科、精神科、病理診断科、麻酔科
※新設 → 小児科、産科、婦人科(診療開始は 2017年8月)

救急告示病院
一般病棟入院基本料(7対1)
精神病棟入院基本料(10対1)

進捗:開院済み
参考URL:http://www.jiaikai.or.jp/imamura-general/index.html
[ranking]
[46鹿児島県]
[ContentsUnder]

地方独立行政法人 茨城県西部医療機構 茨城県西部メディカルセンター

地方独立行政法人 茨城県西部医療機構 茨城県西部メディカルセンターは2018年10月に開院済み

所在地:茨城県筑西市大塚555番地
新病院開院:2018年10月1日 開院済み
建替条件(統合新築)
許可病床数:250床
(高度治療室15床/一般病棟170床/地域包括ケア病棟45床/小児病棟20床)

筑西市と桜川市の三病院の再編統合で、新病院ができます。
再編統合するのは、
・筑西市民病院
・県西総合病院(桜川市、筑西市)
・医療法人隆仁会 山王病院
脳疾患、心疾患など急性期医療 二次医療を担う

なお、
再編される三つの病院のうち、筑西市民病院は診療所として残ります。

標榜診療科:
内科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、救急科、麻酔科

茨城県災害拠点病院
茨城県DMAT指定医療機関
臨床研修病院(協力型)

進捗:開院済み
参考URL:http://www.iwmo.or.jp/
[ranking]
[08茨城県]
[ContentsUnder]

日本赤十字社 松山赤十字病院

日本赤十字社 松山赤十字病院
環境モデル都市「松山市」にふさわしい先進的なサステナブル病院

 


所在地:愛媛県松山市文京町1
新病院開院:2021年(予定)
建替条件:現地全面建替
許可病床数:745床(一般742、感染3)
標榜診療科:内科、外科、小児外科、呼吸器科、呼吸器外科、消化器科、循環器科、心臓血管外科、腎臓内科、脳神経外科、神経内科、整形外科、形成外科、心療内科、精神科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科口腔外科

松山赤十字病院は1913年に開設され、100年以上の歴史を持ちます。2005年に地域医療支援病院に承認され、地域の医療機関、施設との連携のもとに地域完結型の医療を実践してきました。

地域において急性期の高度専門医療を担う病院という立場で、その役割を果たすべく、新病院の建設をすすめており、2018年1月に北棟をオープン。それに続き、2020年3月に南棟をオープンしました。

手術室は12室となり全室に映像統合システムを配備しハイブリッド手術室、バイオクリーン手術室等を整備、泌尿器科でロボット支援手術を開始しています。

放射線診断・治療部門では最新の機器を整備し化学療法センターとともに地域がん診療連携拠点病院としての体制を整え、さらにがんゲノム医療連携拠点病院を目指しています。

脳卒中、心血管疾患についてはホットラインによる救急対応を継続しており、循環器センターでは経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI・TAVR)を開始しました。

南棟のオープンにより消化器内科、肝臓・胆のう・膵臓内科、透析、検査、入院等の全ての機能が新病院で行えるようになっています。

引き続き工事をすすめ、平面駐車場整備や植栽などの外構工事を行い、2022年にグランドオープンを迎える予定です。

設計は日建設計、施工は大成・白石・大和 特定建設工事共同企業体

2020年11月現在、医師の募集を行っていました。薬剤師、放射線技師も募集していましたが、こちらは臨時職員です。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [看護のお仕事text]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:2020年3月 南棟開院
参考URL:http://www.matsuyama.jrc.or.jp/2020/
[ranking][38愛媛県][ContentsUnder]

独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター

独立行政法人国立病院機構 北海道がんセンター
北海道がん拠点病院としての新たな体制整備を図り、良質で信頼される医療を提供する病院をめざします。

 


所在地:北海道札幌市白石区菊水4条2丁目3番54号
新病院開院:2021年10月(予定)
建替条件:現地全面建替
許可病床数:430床(一般400、緩和ケア26、ICU4)
標榜診療科:循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、血液内科、精神科、緩和ケア内科、感染症内科、消化器外科、乳腺外科、腫瘍整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、頭頸部外科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、臨床検査科、リハビリテーション科、歯科口腔外科

北海道がんセンターは札幌衛戍病院として開庁してから120年を超える歴史ある病院です。

建て替えは現病院前の遊休土地を取得して現在地で行います。現地建替のため、既存施設を解体しながら本館建設を段階的に行います。本館は地下1階・地上8階建。隣接する土地を利用して地上4階建て別館も建設し、本館と別館は3階部分で空中廊下を結ぶことにしています。

北海道がんセンターは都道府県がん診療連携拠点病院として、道内のがん診療の中核を担い、手術ロボット、PET-CTなど最新機器の設置、治験など新しい抗がん剤の開発協力など癌治療の最前線を目指してきました。また緩和ケア、感染対策、褥瘡対策、医療安全、栄養指導など多くの多職種癌治療サポートチームも活動しています。

そして、より専門性を持った医療に取り組むために、緩和・感染・放射線・乳腺・皮膚排泄ケアなどの認定・専門看護師、癌専門薬剤師、放射線治療のための医学物理士、細胞診、超音波などの専門技術を習得した検査技師、癌リハビリを行う理学・作業療法士などの人材育成にも力を入れています。

今回の建て替えにより、病棟も増え、外来も一新され、緩和病棟も再開する予定。工事は第1期として本館の半分と別館を完成させています。現在は、第2期工事として本館の残り半分を建設中。総工費は114億5700万円。

設計は石本建築事務所、施工は竹中工務店と田中組の共同企業体

2020年11月現在、ホームページでは医師の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • >

  • [マイナビ看護師text]

進捗:2017年4月 準備工事完了 本体2期工事中
参考URL:http://www.sap-cc.org/
[ranking][01北海道][ContentsUnder]

医療法人社団哺育会 浅草病院

医療法人社団哺育会 浅草病院
浅草病院は2016年5月1日に開院済みです。

所在地:東京都台東区今戸2丁目26番15
新病院開院:2016年5月1日
建替条件 移転新築
許可病床数:136床 (一般:90、回復リハ:46)
標榜診療科:
内科、外科、整形外科、救急科、循環器内科、消化器外科、内視鏡外科、泌尿器科、眼科、リハビリテーション科、呼吸器内科、神経内科、内分泌内科、麻酔科、消化器内科、皮膚科、耳鼻咽喉科、婦人科

東京都指定二次救急医療機関

一般病棟7対1入院基本料
回復期リハビリテーション病棟(Ⅰ)

進捗:移転新築済
参考URL:http://www.asakusa-hp.jp/
[ranking]
[13東京都]
[ContentsUnder]

医療法人社団和敬会 さんだリハビリテーション病院

医療法人社団和敬会さんだリハビリテーション病院
三田市内で回復期リハビリテーションに特化したさんだリハビリテーション病院が開院

 


所在地:兵庫県三田市富士ヶ丘5丁目16番1
新病院開院:2016年4月1日(開院済)
建替条件:新設
許可病床数:69床(一般9、回復リハ60)
標榜診療科:リハビリテーション科、神経内科

さんだリハビリテーション病院は北播磨地域で20年以上リハビリテーション・神経難病を中心に医療を携わってきた医療法人社団和敬会の新病院です。

交通アクセス
神戸電鉄フラワータウン駅より徒歩13分
中国道 神戸三田インターより約7分
三田駅よりバスで約20分

進捗:開院済み
参考URL:http://sandareha-hp.jp/
[ranking][28兵庫県][ContentsUnder]

さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院
全面移転で埼玉県立小児医療センターと併設となりました。

所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心1番地5
新病院開院:2017年1月1日
さいたま新都心へ全面移転済み
(埼玉県立小児医療センターと併設)
許可病床数:632床
標榜診療科:
肝・胆・膵内科、消化管内科、呼吸器内科、血液内科、膠原病・リウマチ内科、腎臓内科、糖尿病内分泌内科、総合臨床内科、腫瘍内科、神経内科、循環器内科、心療科、小児科、外 科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼 科、耳鼻咽喉科、形成外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、緩和ケア診療科、口腔外科、病理診断科、救急科、

救急指定状況
第3次救急医療(高度救命救急センター)

新病院開設:2017年1月1日
さいたま新都心へ全面移転済み
(埼玉県立小児医療センターと併設)

進捗:全面移転 開院済み
参考URL:http://www.saitama-med.jrc.or.jp/
[ranking]
[11埼玉県]
[ContentsUnder]