千葉県総合救急災害医療センター

千葉県総合救急災害医療センター
千葉県救急医療センターは移転して精神科医療センターと統合

 

Loading map...

Loading


所在地:千葉県千葉市美浜区豊砂6-1
新病院開院:2023年(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:150床(一般100、精神50)
標榜診療科:現診療科の循環器内科、脳神経外科、内科、外科、心臓血管外科、形成外科、整形外科、麻酔科に精神科が加わる見込み。

千葉県は海浜病院に隣接する救急医療センターをマリンスタジアムに近い精神科医療センターの隣接地に移転し、両院を統合する「(仮称)千葉県総合救急災害医療センター」を整備します。

基本計画以後に2病院に加えて県循環器病センターの統合が追加検討され、スケジュールが遅れたこともありましたが、最終的には整備の緊急性を総合的に勘案し、基本運営計画通り2病院の統合に留めることになっています。

海に近く浸水が心配されますが、造成工事にて敷地の盛土を行い、1階床の高さを海面から6mに設定して、津波や高潮の浸水対策としています。

敷地内には院内保育所、院外薬局も整備し、駐車場は外来及び職員駐車場として500程度確保します。

県精神科医療センターは日本初の精神科救急医療として1985年に開院しました。この統合により、身体・精神科合併救急患者について、迅速かつ適切な医療を提供します。そして、他に防災棟やヘリポートの整備により、迅速なトリアージと搬送を実現します。

大規模な自然災害のみならず、テロ等の人的災害の発生時においても、DMATとDPATを同一病院内で運用できる機能を活かし、身体・精神両面にわたる包括的な医療を提供するとのこと。同一施設内に整備する精神保健福祉センターと連携を図り、隙間のない精神保健福祉サービスを提供します。

予定では2021年度早々に着工し、2023年の開院を目指します。

設計は梓設計。事業費は約35.5億円。

2020年12月現在、医師の募集はありましが、その他職種は会計年度の募集となります。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:施工業者選定中
参考URL:https://www.pref.chiba.lg.jp/byouin/kouhyou/r01/sougouqqsekkei.html
[ranking][12千葉県][ContentsUnder]

焼津市立総合病院

焼津市立総合病院
焼津市立総合病院は現地建替。2025年の開院を目指す

 


所在地:静岡県焼津市道原1000番地
新病院開院:2025年頃(予定)
建替条件:現地建替
許可病床数:450床
標榜診療科:現診療科:総合診療内科、呼吸器内科、血液内科、循環器内科、消化器内科、代謝・内分泌内科、脳神経内科、腎臓内科、精神科 、小児科、外科、消化器外科、胸部外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、 皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、 放射線科、歯科口腔外科、病理診断科

焼津市立総合病院は老朽化、狭隘化、耐震性能不足の解消のための施設整備計画を推進しています。

国及び静岡県が策定した地域医療構想や地域包括ケアシステムの構築を推進するために、今後の人口減少や医療需要を見据えたこの地域にふさわしい医療機能の分化と連携のあり方を踏まえ、焼津市立総合病院が将来に渡り地域・市民の求める急性期医療を提供するための病院機能を充足します。

具体的な焼津市立総合病院の役割、目指す病院像を2018年の基本計画にとりまとめ、現在は建物の基本設計を行っています。

基本計画で示された新病院の重点機能は、救急医療、周産期・小児医療、脳卒中医療、がん医療、腎臓・泌尿器疾患医療、人間ドック・健診があげられ、新病院では、これらの機能強化を行い、働きやすい環境整備として職員宿舎や院内保育所の建設も行います。

新病院の建替えは既存病院の西側や北側の道路を廃止して駐車場や職員宿舎などを一体敷地とした上で、現病院の西側にある駐車場に本体棟の新築を行う現地建替え。

新病院棟の工事費予算は約220億円で、既存の解体や医療機器整備等を含めた事業費は約314億円を見込んでいます。

設計は梓設計。

2020年12月現在、医師と看護師の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:基本設計中
参考URL:https://www.hospital.yaizu.shizuoka.jp/kensetu_jyunbi/index.html
[ranking][22静岡県][ContentsUnder]

福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院
新病院のコンセプトは4つの「つなぐ」

 


所在地:福岡県福岡市早良区田村2丁目15番1号
新病院開院:2020年9月27日開院済み
建替条件:増築
許可病床数:50床
標榜診療科:■医科:内科、脳血管内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内科、心療内科、外科、消化器外科、腫瘍外科、乳腺外科、肛門外科、内視鏡センター、形成外科、美容外科、耳鼻咽喉科、摂食嚥下・言語センター、眼科、小児科、神経小児科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、麻酔科(ペインクリニック)、病理診断科■歯科:総合歯科、口臭クリニック、高齢者歯科、訪問歯科センター、保存科、歯周病科、補綴(入れ歯)科、口腔顔面美容医療センター、口腔インプラント科、口腔外科、スポーツ歯科、顎変形症センター、矯正歯科、小児歯科、小児口腔外傷センター、障害者歯科、放射線診断科、口腔病理診断科

福岡歯科大学医科歯科総合病院は、2020年9月29日より、新病院での診療を開始しました。新病院の延床面積は旧病院の1.5倍となり、CT・MRIをはじめとする最新の検査・治療機器を設置。免震構造を採用して災害に備えるほか、国土交通省が公募する「サステナブル建築物先導事業(省CO2先導型)」にも採択されています。

福岡歯科大学医科歯科総合病院は1973年に「福岡歯科大学附属病院」として開設され、2005年からは「福岡歯科大学医科歯科総合病院」に改称し医科診療にも力を入れ、今は23の医科診療科と4つの歯科診療科からなる総合病院です。

新病院のコンセプトは「地域・社会とつなぐ」「教育・研究・臨床をつなぐ」「歯科と医科をつなぐ」「未来へとつなぐ」からなる4つの「つなぐ」。

地域・社会と福岡学園グループに属する歯科大、看護大、医療短大、口腔医療センターが相互に連携し合い、教育と研究、臨床が一体となり、さらには「口腔医学」の理念実現のために医科、歯科のつながりを最大限に生かした地域医療を担う大学病院を目指します。

九州大学病院と福岡大学病院の両病院と密接な連携関係にあり、優秀な医師の派遣を受け、2017年に訪問歯科センターと内視鏡センターを開設。在宅、病院、老人施設間で医科歯科連携を展開し、地域包括ケアの一貫として他病院の周術期口腔管理にも貢献しています。

新病院は清水建設の設計施工。

2020年12月現在、職員の募集情報は見つかりませんでしたが、看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [看護のお仕事text]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:開院済み
参考URL:https://www.fdcnet.ac.jp/hos/hospital/
[ranking][40福岡県][ContentsUnder]

医療法人豊田会高浜豊田病院

医療法人豊田会高浜豊田病院(旧 刈谷豊田総合病院高浜分院)
医療法人豊田会の刈谷豊田総合病院高浜分院が高浜豊田病院に改称の上、移転新築

 


所在地:愛知県高浜市湯山町6丁目7番地3
新病院開院:2019年7月1日開院済み
建替条件:移転新築
許可病床数:142床(一般48、療養94)
標榜診療科:診療科:内科、外科、整形外科、眼科

医療法人豊田会の刈谷豊田総合病院高浜分院が高浜豊田病院に改称の上、移転新築

医療法人豊田会高浜豊田病院は刈谷豊田総合病院高浜分院が改称し、移転新築した病院です。

高浜市と協定を結び、現在地である中央公民館跡地に移転しました。西三河南部西医療圏の医療の充実を図るとともに、高浜市における医療と介護の連携拠点としての機能、在宅復帰に向けた回復機能および在宅医療の支援機能等の役割を担い、地域の保健福祉の増進をめざします。

移転整備にて高浜市初の透析医療施設となる透析センターの新設し、専門スタッフを配置して地域の慢性腎臓病患者に透析治療を提供します。

保健福祉の増進としては健診センターの拡充を行っています。女性専用エリアを新設して、効率的で快適な健診が1フロアで完結計画としています。

また、附帯事業として高浜訪問看護ステーションの運営も行います。

建物は竹中工務店の設計施工。

2020年12月現在、医師、看護師、介護福祉士の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:開院済み
参考URL:https://www.toyota-kai.or.jp/facility/takahama/
[ranking][23愛知県][ContentsUnder]

名古屋市立 東部医療センター

名古屋市立 東部医療センター
2015年3月開棟の救急・外来棟に続き、2020年1月1日 入院・診療棟が開棟

 


所在地:愛知県名古屋市千種区若水1-2-23
新病院開院:全体完成2023年1月末(開院済)
建替条件:現地建替
許可病床数:498床(一般488、感染10)
標榜診療科:診療科:内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、脳神経内科、血液内科、内分泌内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、乳腺・内分泌外科、整形外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、女性泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、救急科、麻酔・集中治療科、歯科、疼痛緩和支持治療科、リウマチ膠原病科、感染症科

名古屋市立東部医療センターは2015年3月開棟の救急・外来棟に続き、2020年1月1日 入院・診療棟が開棟しました。現在は既存建物の取り壊し中。外構や駐車場整備を並行して行い、全体完成は2023年1月末の予定です。

施設整備は老朽化、狭隘化の改善と心臓血管疾患、脳血管疾患に対する高度・専門医療や救急医療など病院機能の向上を図る目的で行われました。

施設計画には鈴木賢一名古屋市立大学教授、彫刻家の高野眞吾氏らの協力の下、医療現場と芸術分野を融合させる「ヘルスケアアート」の考えに基づき、内装にはクスノキや桜などをイメージした「心を癒やすやさしい環境」のデザインを目指しました。

完成した入院・診療棟は8階建て。新型インフルエンザなどの感染症にも対応する感染症病床を備えます。

また、災害に備えて免震構造の採用と、拠点病院としてヘリポートの設置を行い、患者の搬送に対応します。

救急・外来棟の建築施工者は塩浜・神稲・服部特別共同企業体
入院・診療棟の設計は名古屋市住宅都市局営繕部営繕課と安井建築設計事務所、建築施工者は大成・大啓・水野工特別共同企業体

2020年12月現在、中途募集の情報はありませんでした。市立病院なので基本は会計年度の募集となります。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:既存建物解体中
参考URL:http://www.higashi.hosp.city.nagoya.jp/index.html
[ranking][23愛知県][ContentsUnder]

豊田地域医療センター

豊田地域医療センター
豊田地域医療センターは2020年12月7日から新棟の診療を開始

 


所在地: 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1
新病院開院:2020年12月(予定)
建替条件:現地建替
許可病床数:190床(一般100,療養50、回復期リハ40)
標榜診療科:診療科:内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、放射線科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、リハビリテーション科、小児科、歯科

豊田地域医療センターは現地での建て替えをすすめ、2021年1月開院のの当初予定を前倒しし、2020年12月7日から新棟での診療を開始します。

なお、既存の改修を含めた全体完成は2022年12月の予定です。

新病院では、

  1. 高齢者医療機能
  2. 在宅医療支援機能
  3. 健康診断機能
  4. 救急医療機能
  5. 看護師養成機能

の5つの機能向上を図り、お年寄りに優しい医療を目指します。

新棟は1階に救急、外来、画像診断等の機能がまとめられ、物流部門は地下階での計画としています。中央材料と関係性の高い手術部門も地下での計画となりました。

既存の南棟は健診機能と管理機能が入ります。

設計は日建設計、建築施工者は鴻池・太啓建設共同企業体、事業費は160億円

2020年12月現在、訪問看護師、理学療法士・作業療法士、栄養管理士、介護福祉士など幅広い職種で募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [MCナースネットtext]
  • [看護プロtext]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:新棟診療開始済み、既存改修解体中
参考URL:http://www.toyotachiiki-mc.or.jp/other/tel.html
[ranking][23愛知県][ContentsUnder]

愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院

愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院
安城更生病院で新病棟と高精度放射線治療棟を増築

 


所在地:愛知県安城市安城町東広畔28番地
新病院開院:2022年(予定)
建替条件:新棟増築
許可病床数:749床
標榜診療科:診療科:内科、血液・腫瘍内科、内分泌・糖尿病内科、消化器内科、脳神経内科、循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、感染症内科、膠原病内科、緩和ケア内科、精神科、小児科、脳神経小児科、新生児科、臨床検査科、外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、リウマチ科、放射線科、麻酔科、病理診断科、救急科、歯科、口腔外科

JA愛知厚生連安城更生病院は、西三河南部地域における基幹病院として、また安城市の市民病院的役割を果たす病院として、2040年まで増加する医療需要に応えるため、新病棟及び高精度放射線治療棟の建設、既存棟 を改修する施設整備を行います。

2002年に現在地に新築移転しましたが、現時点において、移転時に想定した人数を超える多くの来院があり、施設の狭隘化等、随所に課題が生じてきました。また、近年の医療技術の進歩によって、より高度な医療機器の台頭や、入院治療から外来治療にシフトするための外来の高度化やあり方の変化など、ソフトのみの転換では対応困難となっていたため、新棟建設を含めた発展的再構築を行います。

施設整備のポイントは

  • 地域がん診療連携拠点病院として、がん診療充実のため、最新型の高精度放射線治療機器(サイバーナイフ、トモセラピー)を導入します。
  • また、 通院治療センター(外来化学療法)を新棟に移設し、現状の26床から43床に拡充します。
  • 病気の早期発見、予防を目指して健康管理センターを拡張し、予防医療センターとして新棟に開設します。
  • 急性期心疾患に対応するために循環器疾患用の集中治療病床(CCU)を増床します。
  • 新棟にハイブリッド手術室と同等機能を有するハイブリッドLaboを設置します。
  • 既存棟手術室を2室増室、病棟機能・役割を再編 して緊急入院受け入れ機能を強化します。

設計は久米設計、施工は鹿島建設。

2020年11月現在、医師、看護師、保育士の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護プロtext]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:建設工事中
参考URL:https://anjokosei.jp/mame/photo.html
[ranking][23愛知県][ContentsUnder]

社会医療法人畿内会 岡波総合病院

社会医療法人畿内会 岡波総合病院
岡波総合病院は予定を遅らせ2022年秋の完成予定

 


所在地:三重県伊賀市上之庄2711 旧成和中学校跡地
新病院開院:2022年秋(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:435床
標榜診療科:現診療科:内科、循環器内科、心臓血管外科、婦人科、外科、整形外科、脳神経外科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、泌尿器科、皮膚科、小児科、肛門科、消化器内科、呼吸器科、脳神経内科、歯科口腔外科、放射線科、リハビリテーション科、(糖尿病専門外来、肝臓専門外来)

社会医療法人畿内会 岡波総合病院は伊賀市から旧成和中学校跡地の無償譲渡を受けて移転する予定です。

当初は創業100周年を迎える2022年2月までに新病院を竣工する予定でしたが、工程を見直して2022年の秋の開院を目指すこととなりました。

岡波総合病院は伊賀地域(伊賀市・名張市)の3つの基幹病院の1つとして二次救急や小児救急、応急診療所の運営支援などを担っています。

岡波総合病院と伊賀市は2017年末に相互連携協定を締結し、移転後も伊賀市立上野総合市民病院との連携や協力体制を推進し、将来的には2次救急医療の市内完結を目指します。

さらに、南伊賀の名張市立病院も含めて各病院がどんな病床構成で、どんな機能を担えばよいかを話し合い、連携を進めることとしています。

現状は、伊賀地域の二次救急輪番体制で連携しており、平日の昼間は岡波総合病院と上野総合市民病院が担い、休日および夜間は名張市立病院も含めた3病院が輪番で対応しています。岡波総合病院の救急応需率は98%。伊賀地域で年間約7400人の救急搬送患者があり、その約3分の1を応需しています。

このような救急医療需要への対応として、十分な広さとアクセス道路を確保するため、名阪国道から少し南の成和中学校跡地に移転することとしました。高台で災害に強く、「伊賀市地域医療戦略2025」で救急医療強化ゾーンに指定されているロケーションであり、引き続き伊賀、名張、奈良県東部の救急医療を支える基幹病院としての役割を果たすことを目指します。

新病院では特に救急部門とその関係部門との連携強化をはかります。放射線部門との隣接配置はもちろん、救急専用エレベーターで救急外来、手術室、ICUを直結し、救急医療の迅速化を図ります。また、免震構造の採用やライフラインの多重化によるバックアップシステムなどBCPに沿って災害に強い病院を目指します。

当該地域は医療従事者の人材確保が困難の状況ですが、三重大学、奈良県立医科大学、大阪医科大学、近畿大学などから派遣を受けて医師の確保を行う他、勤務環境については、当直のシフトを非常勤医師で組むなど、できるだけ常勤医の時間外労働を減らすよう工夫することで、派遣医師のリピーターを増やし人材確保の好循環を構築しています。

新しい施設はは9階建ての病院棟、2階建てデイケア棟で構成され、眺望の良い8階には100床の老人保健施設を設けます。なお、現病院に隣接する岡波看護専門学校は現在地に残す方針。

設計は内藤建築事務所、施工は大林組で総事業費は約190億円を見込みます。

2020年11月現在、医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [MCナースネットtext]
  • [ジョブメドレー看護師text]
  • [ナースジョブtext]
  • [看護rootext]

進捗:建設工事中
参考URL:https://www.okanami.com/index.php
[ranking][24三重県][ContentsUnder]