焼津市新総合病院

焼津市新総合病院は基本構想をまとめ、基本計画の策定中です。

Loading map...

Loading

所在地:静岡県焼津市道原1000番地
新病院開院:2023年度(予定)
建替条件(現地建替)
許可病床数:470床程度(予定)
標榜診療科:未公表

新病院では

より良い医療の提供を行うとともに、市民の健康増進に貢献することで、市民の信頼に応えるために、新病院においては、「救急医療、高度医療を提供する志太榛原医療圏の地域中核病院」「市民の広範な医療ニーズに対応する病院」「市民の安心を医療面から支える病院」等、現病院よりも更に充実した病院を目指します。

とのこと。

このほか
救急医療、周産期・小児医療、脳卒中、がんを重点項目として上げています。

進捗:基本計画策定中
参考URL:http://www.hospital.yaizu.shizuoka.jp/kensetu_jyunbi/index.html


[ranking]
[22静岡県]
[ContentsUnder]

県西部浜松医療センター

県西部浜松医療センター
県西部浜松医療センターは再公募により新病院整備事業施工予定者を決定

 


所在地:静岡県浜松市中区富塚町328
新病院開院:2023年8月(予定)
建替条件:現地建替
許可病床数:606床(現病院)
標榜診療科:(現病院)内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線治療科、麻酔科、 腎臓内科、乳腺外科、臨床検査科、救急科、歯科口腔外科、感染症内科、リウマチ科、人工透析内科、病理診断科、血液内科、内分泌・代謝内科、血管外科

災害拠点病院、小児周産期医療拠点病院、がん診療連携拠点病院

新病院では救急・災害医療、循環器系疾患医療、がん医療の3つの機能について重点的に強化し、ハイパー急性期病院を目指します。

具体的には
救急・災害医療として、

  1. 救急患者の受け入れ体制の整備・充実
  2. 救急病床及び集中治療系病床の機能強化・充実
  3. 関連施設の近接配置
  4. 災害対応の強化

循環器系疾患医療として

  1. 集中治療系病床の機能強化・充実
  2. 循環器疾患の最新かつ最良の診断・治療の実施
  3. 関連施設の近接配置

がん医療として

  1. 集学的がん治療の推進
  2. 特徴あるがん医療の提供
  3. 緩和ケア医療の強化・充実・緩和ケアチームの体制を強化

を行っていきます。

設計は久米設計と竹下設計等の特定共同企業体、施工は清水建設

2020年2月現在、救急科、感染症内科の各医師と診療情報管理士の募集を行っています。看護師についての求人情報は見つかっていません。

進捗:建物設計中
参考URL:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/byouin/medical/shinbyoin/index.html
[ranking][22静岡県][ContentsUnder]

島田市民病院

島田市民病院は2018年3月に工事契約予定

所在地:静岡県島田市野田1200-5
新病院開院:2021年3月(予定)
建替条件(現地建替)
許可病床数:445床
標榜診療科:30科
内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、糖尿病・内分泌内科、心療内科、漢方内科、緩和ケア内科、外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科、 血液内科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、臨床検査科、救急科、麻酔科、歯科口腔外科

島田市民病院は現在、工事業者選定中です。
建設地は現在の東駐車場付近。来院車両は西側から、島田ばらの丘通りの突き当りに構内道路がつながる計画でした。

1フロアあたり3看護単位の病棟となる見込みです。

進捗:建物準備中
参考URL:http://www.municipal-hospital.shimada.shizuoka.jp/100-construction/construction-top.html
[ranking]
[22静岡県]
[ContentsUnder]

常滑市民病院

常滑市民病院は鯉江本町からニュータウンの飛香台に移転済み

所在地:愛知県常滑市飛香台3-3-3
新病院開院:2015年5月1日(予定)
建替条件(移転新築)
許可病床数:267床
標榜診療科:
内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、外科、血管外科、こう門外科、乳腺外科、脳神経外科、整形外科、小児科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科口腔外科

中部国際空港に近い常滑市民病院。未知の感染症蔓延防止のため、「特定感染症病床」が整備されているのが特徴。「特定感染症病床」の整備は全国で4番目。

市内唯一の入院施設として、新病院は急性期から在宅までを見据えたシームレスな医療を提供する。急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を持つ。

移転によって標高30メートルの高台となり、免震構造の採用など地震や津波などの災害対策を強化。

300床以下という規模を活かし、「コミュニケーション日本一の病院」を基本理念に掲げています。

常滑市民病院

進捗:開院済み
参考URL:http://www.tokonamecityhospital.jp/new
[ranking]
[23愛知県]
[ContentsUnder]