「清水建設」タグアーカイブ

福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院
新病院のコンセプトは4つの「つなぐ」

 

Loading map...

Loading


所在地:福岡県福岡市早良区田村2丁目15番1号
新病院開院:2020年9月27日開院済み
建替条件:増築
許可病床数:50床
標榜診療科:■医科:内科、脳血管内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病内科、心療内科、外科、消化器外科、腫瘍外科、乳腺外科、肛門外科、内視鏡センター、形成外科、美容外科、耳鼻咽喉科、摂食嚥下・言語センター、眼科、小児科、神経小児科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、麻酔科(ペインクリニック)、病理診断科■歯科:総合歯科、口臭クリニック、高齢者歯科、訪問歯科センター、保存科、歯周病科、補綴(入れ歯)科、口腔顔面美容医療センター、口腔インプラント科、口腔外科、スポーツ歯科、顎変形症センター、矯正歯科、小児歯科、小児口腔外傷センター、障害者歯科、放射線診断科、口腔病理診断科

福岡歯科大学医科歯科総合病院は、2020年9月29日より、新病院での診療を開始しました。新病院の延床面積は旧病院の1.5倍となり、CT・MRIをはじめとする最新の検査・治療機器を設置。免震構造を採用して災害に備えるほか、国土交通省が公募する「サステナブル建築物先導事業(省CO2先導型)」にも採択されています。

福岡歯科大学医科歯科総合病院は1973年に「福岡歯科大学附属病院」として開設され、2005年からは「福岡歯科大学医科歯科総合病院」に改称し医科診療にも力を入れ、今は23の医科診療科と4つの歯科診療科からなる総合病院です。

新病院のコンセプトは「地域・社会とつなぐ」「教育・研究・臨床をつなぐ」「歯科と医科をつなぐ」「未来へとつなぐ」からなる4つの「つなぐ」。

地域・社会と福岡学園グループに属する歯科大、看護大、医療短大、口腔医療センターが相互に連携し合い、教育と研究、臨床が一体となり、さらには「口腔医学」の理念実現のために医科、歯科のつながりを最大限に生かした地域医療を担う大学病院を目指します。

九州大学病院と福岡大学病院の両病院と密接な連携関係にあり、優秀な医師の派遣を受け、2017年に訪問歯科センターと内視鏡センターを開設。在宅、病院、老人施設間で医科歯科連携を展開し、地域包括ケアの一貫として他病院の周術期口腔管理にも貢献しています。

新病院は清水建設の設計施工。

2020年12月現在、職員の募集情報は見つかりませんでしたが、看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [看護のお仕事text]
  • [看護rootext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:開院済み
参考URL:https://www.fdcnet.ac.jp/hos/hospital/
[ranking][40福岡県][ContentsUnder]

和泉市立総合医療センター

和泉市立総合医療センター
和泉市立病院は病院移転に伴い「和泉市立総合医療センター」に改称

 


所在地:大阪府和泉市和気町4-5-1
新病院開院:2018年4月開院済み
建替条件:移転新築
許可病床数:307床
標榜診療科:内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、腫瘍内科、小児科、精神科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、婦人科、耳鼻咽喉科、皮膚科、放射線科、救急科、血液内科、内分泌・糖尿病内科、腎臓・透析内科、脳神経内科、緩和ケア内科、肝胆膵内科、心臓血管外科、乳腺外科、呼吸器外科、形成外科、消化器外科、リウマチ内科、リハビリテーション科、麻酔科、病理診断科、歯科口腔外科

医療法人徳洲会が指定管理者として管理・運営している和泉市立病院は2018年4月に新築移転オープンし、名称を和泉市立総合医療センターに変更しました。

免震構造を採用し、高精度の放射線治療機器の導入など推進し、「救急・急性期医療」と、「がん医療など専門医療」を二本柱と位置付け、地域から信頼される病院を目指します。

新病院は市内を流れる槇尾川に面した市民球場の跡地。新築移転は、槇尾川公園と一体整備する形で実施されました。病院西側にはテニスコートを含む公園が整備され、緑あふれる周辺環境となっています。

合わせて、敷地内には院内保育園と院外薬局用の建物を整備しています。

敷地内の高低差を活かし、正面玄関やエントランスホールは2階部分に設置しています。ホールは吹き抜けの開放的な空間が広がり、受付カウンターには地場産材である「いずもく」を用い、壁面は天然織物の「和泉木綿」をイメージした装飾や、和泉市の特産品である人造真珠を用いて、槇尾川をイメージした陶器製の大きな飾りをあしらい、和やかな空間を演出しています。

緩和ケア病棟のある5階には屋上庭園をつくり、さらに病室ごとにテラスを設けています。テラスに通じる扉はバリアフリーで段差がないため、車いすでも気軽に出て外気に触れたり、晴れの日には日差しを浴びたりすることができます。

基本設計は内藤建築事務所、実施設計・施工は清水建設。

2020年10月現在、医師、看護師、薬剤師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療情報管理士など幅広い職種で募集を行っていました。

看護師の求人は、紹介業者を介した受付は行っていません。

進捗:開院済み
参考URL:https://izumi.tokushukai.or.jp/
[ranking][27大阪府][ContentsUnder]

医療法人社団東光会戸田中央総合病院

医療法人社団東光会戸田中央総合病院
戸田中央総合病院は、がん治療の機能強化を図るため、新棟(E館)オープン

 


所在地:埼玉県戸田市本町1-19-3
新病院開院:2020年3月開院済み
建替条件:新棟増築
許可病床数:517床
標榜診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、神経内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、移植外科、精神科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、病理診断科、救急科、麻酔科

戸田中央総合病院は「地域がん診療連携拠点病院」に指定されており、がん治療のさらなる機能強化を図るため、新棟(E館)を建設しました。

新棟には、放射線治療部門、緩和ケア病棟(18床)と核医学部門、緩和ケア外来などが整備されています。

この新棟(E館)は元の病院敷地に隣接する戸田市立児童センターこどもの国の敷地内といった雰囲気に立ち、施設の中からは、こどもの国の庭で元気に遊ぶ子どもたちの姿も眺めることができます。

設計と施工は清水建設。

2020年10月現在、医師、看護師、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士、社会福祉士など幅広い職種で募集を行っていました。24時間保育・病児保育・寮完備

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [MCナースネットtext]
  • [看護rootext]

進捗:開院済み
参考URL:https://www.chuobyoin.or.jp/ekan-3-2-2/
[ranking][11埼玉県][ContentsUnder]

JA愛知厚生連海南病院

JA愛知厚生連海南病院
海南病院はコンパクト・高機能・次世代の新病院を現地建替にて実現

 


所在地:愛知県弥富市前ケ須町南本田396番地
新病院開院:2016年12月1日開院済み
建替条件:現地建替
許可病床数:540床 (一般534、感染6)
標榜診療科:内科、血液内科、小児科、心臓血管外科、放射線科、歯科口腔外科、呼吸器内科、脳神経内科、外科、皮膚科、麻酔科、循環器内科、老年内科、乳腺・内分泌外科、泌尿器科、リウマチ科、消化器内科、緩和ケア内科、整形外科、産婦人科、リハビリテーション科、糖尿病・内分泌内科、腫瘍内科、形成外科、眼科、救急科、腎臓内科、精神科、脳神経外科、耳鼻いんこう科、病理診断科

海南病院は、1938年に開院して以来、海部地域における中核病院として、大きく発展してきました。2013年に愛知県下では19番目となる救命救急センターの指定を受け、地域中核災害拠点病院の指定も受けています。

現在は『地域医療支援病院』の指定を経て、病床数540床の高度急性期医療を担う地域の基幹病院となっています。

2018年に、創立80周年を迎え、「コンパクト・高機能・次世代型」の新しい海南病院として地域医療構想への適切な対応、地域包括ケアシステム構築への参画などに取り組んでいます。

  • 地域周産期母子医療センター
  • 救命救急センター
  • 地域中核災害拠点病院
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 地域医療支援病院

設計は久米設計、施工は清水建設

2020年9月現在、麻酔科医師、看護師の募集を行っていました。寮や託児所のある働きやすい職場です。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護のお仕事text]
  • [ナースではたらこtext]
  • [ジョブメドレー看護師text]
  • [看護プロtext]
  • [看護rootext]

進捗:開院済み
参考URL:https://www.kainan.jaaikosei.or.jp/
[ranking][23愛知県][ContentsUnder]

医療法人緑栄会三愛記念病院

医療法人緑栄会三愛記念病院
三愛記念病院はJR千葉駅西口より徒歩1分の好立地に移転

 


所在地:千葉県千葉市中央区新千葉2-2-3
新病院開院:2020年4月開院済み
建替条件:移転新築
許可病床数:180床
標榜診療科:内科、外科、腎臓内科、人工透析内科、人工透析外科、心臓血管外科、消化器内科、消化器外科、循環器内科、呼吸器内科、整形外科、形成外科、リハビリテーション科

医療法人緑栄会 三愛記念病院グループは、3つの施設が連携して、一般外来診療、内視鏡検査、外科的手術に至るまで、総合的な治療を行なっています。

特に得意分野の腎臓病・人工透析については、透析療法の草創期から発展に尽力し、千葉県の透析医療をリードしてきており、理事長 入江氏は千葉県医師会長も務めている方です。

透析ベッド数は140台、入院透析台数は13台となっています。

本院移転はJR千葉駅西口地区再開発事業の一貫で足かけ30年の駅西口再開発が病院の開業で一段落したことになります。

設計は久米設計・清水建設JV、施工は清水建設・新日本建設JV

2020年8月現在、若干名の看護師募集を行っていました。求人サイトではコチラに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [看護プロtext]
  • [看護rootext]

進捗:開院準備中
参考URL:http://www.3ai-hosp.jp/sanai/
[ranking][12千葉県][ContentsUnder]

独立行政法人国立病院機構埼玉病院

独立行政法人国立病院機構埼玉病院
200床の増床を行った独立行政法人国立病院機構埼玉病院はさらに500床の病院へ

 


所在地:埼玉県和光市諏訪2番1号
新病院開院:2021年(一部開院済)
建替条件:増築
許可病床数:550床(現475床)
標榜診療科:内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、脳神経内科、内視鏡内科、外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺外科、小児外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、内視鏡外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、緩和ケア内科、病理診断科、救急科、総合診療科、歯科口腔外科

独立行政法人国立病院機構埼玉病院は埼玉県第6次地域医療計画(2013年8月)に基づき小児医療・周産期医療・救急医療・緩和医療・がん等高度専門医療・感染症病床を中心に200床増床。

2018年11月より、新館での診療が開始しており、さらに2021年までに段階的に増床を行い、新たに急性期医療および高度専門医療を中心に、550床の病院へと進化する。

循環器病センター、脳卒中センター、地域周産期母子医療センターとして地域急性期基幹病院としての役割を担い、更に救急医療、小児救急医療や高度専門医療の機能拡大と緩和医療への取り組みを行う。

 

設計は大建設計、施工は清水建設

2020年2月現在、内科系/緩和ケア内科医をそれぞれ募集している他、看護職員の採用試験は随時受付を行っています。看護師寮や昼間託児所のある働きやすい職場です。

看護師は下記の求人サイトに掲載がありましたので、登録するならコチラがおすすめです。

  • [ナース人材バンクtext]
  • [看護rootext]

進捗:一部開院済み
参考URL:https://saitama.hosp.go.jp/
[ranking][11埼玉県][ContentsUnder]

川西市立総合医療センターキセラ川西センター

川西市立 総合医療センターキセラ川西センター
市立川西病院と協立病院が「キセラ川西センター」に統合

 


所在地:兵庫県川西市火打1丁目7付近(阪神間都市計画事業中央北地区特定土地区画整理事業地内)
新病院開院:2022年9月(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:405床(一般377、HCU20、SCU3)
標榜診療科:内科、総合診療科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、外科、呼吸器外科、乳腺外科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、神経内科、精神科、脳神経外科、麻酔科、産婦人科、小児科、泌尿器科、緩和ケア科、放射線科、病理診断科、救急科

川西市は市立川西病院を閉鎖し、あらたにキセラ川西センターを整備します。運営は民間を活用し、医療法人「協和会」が行います。

協和会は既存の協立病院を閉じて機能を新病院に統合する予定。

地域の中核病院として、急性期病院の役割だけではなく、高度急性期病院としても一定の役割を担う新病院として、市の中心部であるキセラ川西地内に整備します。

新病院の一般病床は全室個室とする予定。全室個室といっても有料個室はトイレ・シャワーが付きますが、一般個室にはそれらが付かない見込み。

設計施工は清水建設のDB(デザインビルド)方式

2020年11月現在、市立川西病院として看護師と助産師の募集を行っていました。

看護師の求人では、下記のサイトに掲載がありましたので、情報収集にはこちらへの登録がおすすめです。

  • [看護のお仕事text]
  • [MCナースネットtext]
  • [マイナビ看護師text]

進捗:建設工事中
参考URL:http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shiseijoho/gyozaisei/1003532/index.html
[ranking][28兵庫県][ContentsUnder]

県西部浜松医療センター

県西部浜松医療センター
県西部浜松医療センターは再公募により新病院整備事業施工予定者を決定

 


所在地:静岡県浜松市中区富塚町328
新病院開院:2023年8月(予定)
建替条件:現地建替
許可病床数:606床(現病院)
標榜診療科:(現病院)内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、小児科、外科、消化器外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線治療科、麻酔科、 腎臓内科、乳腺外科、臨床検査科、救急科、歯科口腔外科、感染症内科、リウマチ科、人工透析内科、病理診断科、血液内科、内分泌・代謝内科、血管外科

災害拠点病院、小児周産期医療拠点病院、がん診療連携拠点病院

新病院では救急・災害医療、循環器系疾患医療、がん医療の3つの機能について重点的に強化し、ハイパー急性期病院を目指します。

具体的には
救急・災害医療として、

  1. 救急患者の受け入れ体制の整備・充実
  2. 救急病床及び集中治療系病床の機能強化・充実
  3. 関連施設の近接配置
  4. 災害対応の強化

循環器系疾患医療として

  1. 集中治療系病床の機能強化・充実
  2. 循環器疾患の最新かつ最良の診断・治療の実施
  3. 関連施設の近接配置

がん医療として

  1. 集学的がん治療の推進
  2. 特徴あるがん医療の提供
  3. 緩和ケア医療の強化・充実・緩和ケアチームの体制を強化

を行っていきます。

設計は久米設計と竹下設計等の特定共同企業体、施工は清水建設

2020年2月現在、救急科、感染症内科の各医師と診療情報管理士の募集を行っています。看護師についての求人情報は見つかっていません。

進捗:建物設計中
参考URL:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/byouin/medical/shinbyoin/index.html
[ranking][22静岡県][ContentsUnder]

獨協医科大学埼玉医療センター

獨協医科大学埼玉医療センター
獨協医科大学埼玉医療センターは獨協医科大学越谷病院が2017年11月15日の新棟竣工に合わせて名称変更した病院

 


所在地:埼玉県越谷市南越谷2-1-50
新病院開院:2017年11月15日(開院済)
建替条件:増築
許可病床数:723床+200床
標榜診療科:糖尿病内分泌・血液内科、呼吸器・アレルギー内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、小児科、こころの診療科、皮膚科、放射線科、総合診療科、外科、整形外科、心臓血管外科・呼吸器外科、小児外科、産科婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、泌尿器科、形成外科、救急医療科、麻酔科、総合診療科

新棟は、高度機能の手術室や外科系の病棟を中心に配置し、改修の既存棟には、周産期医療センター設置や脳卒中ケアユニット増設などを行います。

救急指定状況
救命救急センター
災害拠点病院

その他指定
がん診療連携拠点病院

設計は久米設計、施工は清水建設

2020年1月現在 公式採用情報のホームページでは臨床研修医、看護師、作業療法士、理学療法士、臨床工学技士など多様な職種の募集情報が掲載。

また、看護師求人サイトでは「看護roo!」、「マイナビ看護師」に掲載がありました。

進捗:開院済み
参考URL:http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-k.html
[ranking][11埼玉県][ContentsUnder]