「移転新築」タグアーカイブ

神石高原町立病院

神石高原町立病院
神石高原町立病院は耐震改修を断念し移転新築を行う

 

Loading map...

Loading


所在地:広島県神石郡神石高原町小畠1709-3
新病院開院:2022年(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:60床
標榜診療科:現:内科、小児科、外科、整形外科、婦人科、精神科、耳鼻いんこう科、泌尿器科、神経内科、麻酔科、循環器内科

神石高原町立病院は、改築時の騒音や現状の診察室やリハビリテーション室等の機能が大きく損なわれること、更に建築後45年を経過していることなどから、耐震補強工事は困難とし、移転新築の結論を出した。移転先は現在の保健福祉センター周辺。

 

設計は教育施設研究所

進捗:実施設計中
参考URL:http://www.jinsekigun.jp/town/introduction/formation/hoken/byoin/iten_shintiku/

広島県の新病院マップはコチラ

広島県の新病院

広島県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 6,004件

ナース人材バンク

■2位 4,289件

ジョブデポ看護師

■3位 3,235件
[ナースフル]

鹿児島県厚生連病院

鹿児島県厚生連病院
桜島を臨む好立地に移転した鹿児島県厚生連病院

 


所在地:鹿児島県鹿児島市与次郎一丁目13番1号
新病院開院:2018年5月7日(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:184床
標榜診療科:内科、肝臓内科、糖尿病内科、腎臓内科、外科、消化器外科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、眼科、耳鼻いんこう科、精神科、病理診断科

鹿児島厚生連病院と健康管理センターが一体化して移転新築しました。新病院は、人間ドックや巡回健診など県内でもトップクラスの健診機能を有した病院。

鹿児島厚生連病院は、鹿児島大学医学部との緊密な連携のもと消化管・肝臓・呼吸器のがん治療についても九州でも有数の実績がある。鹿児島県がん診療指定病院であり、急性期病院として看護師、薬剤師、栄養士などコメデイカルと一体となったチーム医療を進めている。

移転新築に合わせて診療科に腎臓内科を加わえ、健康管理センターは男女でフロアを分け、超音波を使った新しい乳がん検査機器が県内で初めて導入した。患者や家族がくつろげるように、最上階には桜島が臨める展望レストランも設けている。

鹿児島県がん診療指定病院
救急告示病院
厚生労働省DPC対象病院
一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)(94床)
地域包括ケア病棟入院料2(90床)

 

設計・施工は五洋建設・大建設計・下舞設計特定建設工事共同企業体

進捗:開院済み
参考URL:https://www.kago-ksr.or.jp/hp

鹿児島県の新病院マップはコチラ

鹿児島県の新病院

鹿児島県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.6)

■1位 3,597件

ジョブデポ看護師

■2位 3,040件

ナース人材バンク

■3位 1,562件

看護のお仕事

日本赤十字社 唐津赤十字病院

日本赤十字社 唐津赤十字病院
唐津赤十字病院は佐賀市、福岡市にアクセスのよい、長谷地区で開院済み

 


所在地:佐賀県唐津市和多田2430
新病院開院:2016年8月(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:304床(一般300、感染4)
標榜診療科:内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、糖尿病内科、腎臓内科、腫瘍内科、小児科、外科、消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、精神科、救急科、病理診断科、形成外科、歯科口腔外科

唐津赤十字病院は、佐賀県北西部の地域の拠点病院として、4疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞等の心血管疾患、糖尿病)5事業(救急医療、災害時医療、へき地医療、周産期医療、小児医療)の政策医療に取り組んでいる。

地域医療支援病院
地域がん診療連携拠点病院
地域救命救急センター
地域災害拠点病院

 

設計は梓設計、施工は松尾・中野建設JV

進捗:開院済み
参考URL:https://www.karatsu.jrc.or.jp/

佐賀県の新病院マップはコチラ

佐賀県の新病院

佐賀県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.6)

■1位 1,636件

ジョブデポ看護師

■2位 1,465件

ナース人材バンク

■3位 767件
[ナースフル]

川西市立総合医療センターキセラ川西センター

川西市立総合医療センターキセラ川西センター
市立川西病院と協立病院が「キセラ川西センター」に統合

 


所在地:兵庫県川西市火打1丁目7付近(阪神間都市計画事業中央北地区特定土地区画整理事業地内)
新病院開院:未定
建替条件:移転新築
許可病床数:400床(一般377、HCU20、SCU3)
標榜診療科:内科、総合診療科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、外科、呼吸器外科、乳腺外科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、リハビリテーション科、皮膚科、形成外科、神経内科、精神科、脳神経外科、麻酔科、産婦人科、小児科、泌尿器科、緩和ケア科、放射線科、病理診断科、救急科

川西市は市立川西病院を閉鎖し、あたらにキセラ川西センターを整備する。運営は民間を活用し、医療法人「協和会」が行う。

協和会は既存の協立病院を閉じて機能を新病院に統合する予定。

地域の中核病院として、急性期病院の役割だけではなく、高度急性期病院としても一定の役割を担う新病院として、市の中心部であるキセラ川西地内に整備する。

新病院の一般病床は全室個室とする予定。

このほど、基本計画を取りまとめ、現在 DB(デザインビルド)方式で整備事業者を募集中。

進捗:設計施工者選定中:
参考URL:http://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shiseijoho/gyozaisei/1003532/index.html

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

光市立総合病院

光市立総合病院
新しい光市立総合病院が5月1日に開院

 


所在地:山口県光市光ケ丘6番1号
新病院開院:2019年5月1日(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:210床
標榜診療科:内科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、リハビリテーション科、脳神経外科、麻酔科、精神科、放射線科

光病院は光が丘のソフトパークに移転新築し、光市立総合病院として生まれ変わりました。

市の地域包括ケアシステムの一翼を担う病院となることが期待されている。

 

設計は昭和設計、施工は戸田建設

進捗:開院済み
参考URL:http://hikari-hosp.jp/

山口県の新病院マップはコチラ

山口県の新病院

山口県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 2,743件

ナース人材バンク

■2位 1,957件

ジョブデポ看護師

■3位 1,403件

看護のお仕事

兵庫県立淡路医療センター

兵庫県立淡路医療センター
兵庫県立淡路医療センターは県立淡路病院の移転・建て替え事業

 


所在地:兵庫県洲本市塩屋1丁目1-137
新病院開院:2013年5月1日(開院済)
建替条件:移転新築
許可病床数:441床(一般377、精神45、結核15、感染4)
標榜診療科:内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、脳神経内科、血液内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、精神科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、救急科、歯科、歯科口腔外科

淡路島の中核病院、唯一の公立病院として地域住民の医療を支えてきた県立淡路病院は旧カネボウ電子工場跡地に兵庫県立淡路医療センターとして新築移転しました。

淡路島の救急医療に対応すべく救命救急センターを整備。移転後は、がん診療連携拠点病院の指定を受け、緩和ケアも充実するなど拡充を続けて、淡路島の高度急性期・急性期医療を担う基幹病院としての役割を果たすとともに、在宅医療や予防医学を地域の医療機関や介護福祉施設と連携を取りながら推し進める。

 

設計安井建築設計事務所、施工は戸田・村本・前川JV

進捗:開院済み
参考URL:https://awajimc.jp/archives/category/%E7%97%85%E9%99%A2%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85

兵庫県の新病院マップはコチラ

兵庫県の新病院

兵庫県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.3)

■1位 9,654件

ナース人材バンク

■2位 7,776件

ジョブデポ看護師

■3位 6,766件
[看護roo]

一般財団法人三友堂病院

一般財団法人三友堂病院
三友堂病院は米沢市立病院と併設し機能を分化。回復期医療、慢性期の対応を充実する。

 


所在地:山形県米沢市福田町2丁目1番地内
新病院開院:2023年度(予定)
建替条件:移転新築
許可病床数:250床を予定(地域包括ケア:130、緩和ケア:20、回復期リハ療養:100)
標榜診療科:内科、脳神経内科、呼吸器内科、消化器内科、心臓・循環器内科、腫瘍内科、腎臓内科、外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、婦人科、眼科、リハビリテーション科、心療内科、放射線科、緩和ケア科、人工透析

三友堂病院は、米沢市立病院の隣接地に移転し、両院の機能整理を行う。三友堂病院は回復期医療を充実させつつ、慢性期の人工透析、健診・人間ドック等の地域に必要とされる医療や公衆衛生の充実を図ります。

今回の移転整備に伴い、三友堂リハビリテーションセンターとも統合され、外来診療機能は、地域包括ケア病棟の退院患者、在宅の後方支援、人工透析(慢性期)、緩和ケア、人間ドック・健診、その他訪問診療等を担う予定。

なお、現病院の所在地は、山形県米沢市中央6丁目1-219

進捗:建物設計中
参考URL:http://www.sanyudo.or.jp/

山形県の新病院マップはコチラ

山形県の新病院

山形県の看護師求人件数が多いのはココ(2019.7)

■1位 1,796件

ナース人材バンク

■2位 1,279件

ジョブデポ看護師

■3位 933件

看護のお仕事