「関東地方」カテゴリーアーカイブ

前橋赤十字病院

前橋赤十字病院は2018年6月1日の開院に向けて準備中

Loading map...

Loading

所在地:群馬県前橋市朝倉町389-1
新病院開院:2018年6月1日(予定)
建替条件(移転新築)
許可病床数:592床(うちICU12床、感染症病棟6床、人間ドック16床)
標榜診療科:
総合内科、リウマチ・腎臓内科、血液内科、糖尿病・内分泌内科、感染症内科、精神科、神経内科、脳神経外科、呼吸器内科、呼吸器外科、消化器内科、外科、乳腺・内分泌外科、心臓血管内科、心臓血管外科、小児科、産婦人科、整形外科、形成・美容外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科口腔外科、救急科、病理診断科、臨床検査科

前橋赤十字病院

現地建替の地域要望がありましたが、最終的に移転新築となった前橋赤十字病院が間もなく開院を迎えます。予定は6月1日に病棟移転、6月4日から外来診療開始です。

新病院では、施設設備だけでなく医療機能も充実強化し、前橋保健医療圏のみならず広く群馬県における高度急性期・救急医療を担う地域の中核病院として、また県内はもとより関東近県等における災害医療を担う基幹災害拠点病院として、これまで以上に信頼され安心・安全の拠りどころとなる病院を目指します。

高度救命救急センター
基幹災害拠点病院
がん診療連携拠点病院
高度急性期・地域医療支援病院
地域周産期母子医療センター
身体合併症対応の精神科病床

進捗:開院準備中
参考URL:https://www.maebashi.jrc.or.jp/new_hospital/index.html#

 

 

大和徳洲会病院

大和徳洲会病院が2018年4月1日にリニューアルオープン

所在地:神奈川県大和市中央4-4-12
新病院開院:2018年4月1日
建替条件:現地建替
許可病床数:199床
標榜診療科:内科(循環器内科、糖尿病、リウマチ)、小児科

大和徳洲会病院

2015年からの建替工事で規模を縮小して運営していた大和徳洲会病院ですが、いよいよ新病院のオープンです。新病院は旧病院の場所。地上7階、地下1階で許可病床は199床。地域の中核病院として新たに生まれ変わります。

進捗:建物工事中
参考URL:http://www.yth.or.jp/information/news/150219.php

 

 

回復期リハビリテーションに注力するカマチグループ

関東地区に15の回復期リハビリテーション病院を展開するカマチグループ。

カマチグループは2006年4月に千葉県で八千代リハビリテーション病院を開院し、その後、関東地区において毎年1棟ペースで病院を開院しています。

その展開の中核が一般社団法人 巨樹の会。

2017年10月1日には江東リハビリテーション病院で保険診療を開始しました。

新病院の詳細はコチラ
江東リハビリテーション病院

 

 

松戸市立総合医療センターの一般見学会に行ってきました

松戸市立総合医療センターの一般見学会に行ってきました

病院の詳細はコチラ
松戸市立総合医療センター(旧 松戸市民病院)

概要
所在地:千葉県松戸市千駄堀993-1
病床数:600床(一般592、感染8)
免震構造

天気も良かったからか、見学者が多く写真を撮るのに苦労しました。それだけ期待が大きいということですね。

まず、よく見る外回りの写真
松戸市立総合医療センター 南側

実はこれ、病院にとっては裏手。正面の北側は こんなふうになっています。
松戸市立総合医療センター 正面

中間に張り出した茶色いボックスは5階のリハビリです。

1階の
正面玄関を入ると、左手が総合受付。すぐワキには入退院支援センターがあります。
松戸市立総合医療センター 受付と入退院支援センター

エントランスの正面は2階へ上がるエスカレーター。外来は2階となっていました。
小児外来だけが1階で、1階は他には救命救急センターと放射線部門。放射線治療や核医学も1階です。
小児外来の受付がかわいい
松戸市立総合医療センター 小児外来受付

ちなみに、この建物は松戸市夜間小児急病センターを併設しています。

外来の方が画像検査が受ける場合は1階に降りる必要がありますが、救命救急との連携を重視した階構成となっています。
時間外と救急車の寄り付きは南側から。時間外待合がCT検査の待合と兼用。救命救急からMRIの撮影の際にコンビニやレストランへの通り道を横切るのが気になります。
松戸市立総合医療センター1階の構成

2階は
外来、生理検査、内視鏡、薬剤、化学療法です。画像検査を除き、外来は2階で完結しますね。
外来はブロック受付タイプで中待合から外を眺められるのが気持ちいい。
松戸市立総合医療センター 外来

3階は
手術、ICU、HCU。手術室は8室。うち2室がBCRです。ICU、HCUが何床あるのか確認しそびれました。公式発表を待ちます。
↓手術
松戸市立総合医療センター 手術

↓ICU
松戸市立総合医療センター ICU

かなりの充実ぶりに驚きです。たしかに600床の救命救急、災害拠点病院ですので、手術室が8室は少ないぐらいかも。

4階からが病棟
4階は産科と小児です。
NICUが18床、GCUが30床です。
↓GCU
松戸市立総合医療センターGCU

PICUもありました。小児病棟は2床室が多い。何ででしょうね。小児の場合、4人だと患者同士のトラブルが増えたりするんでしょうかね。

5階には
巨大なリハビリ室があります。リハビリは入院患者の利用がメイン。なので5階なんですね。
松戸市立総合医療センター リハビリ

スタッフ室からリハビリの観察がなぜかマジック・ミラー。なんか覗き見されてるような気がするのは私だけでしょうか。

リハビリは小さいながらも屋外庭園があります。もう少し緑があるといいけど、贅沢は言えません。ここから病室が丸見えなので、5階病棟には入りたくないなぁ。

8階では
無菌病室が公開されていました。患者にガラス越しですが家族が面会出来るしつらえになっているのがステキです。
松戸市立総合医療センター 無菌病室

9階は
特別室と感染病室。2種感染の受け入れが可能となっています。
松戸市民なら1泊2万円ですが、市外の患者は1泊3万円だそうです。同じ室、同じサービスで料金をかえるのはナンセンスと思いますが、医療収入だけでは採算が合わず市税が投入うされているのでしょう。ならば、市民と市外民とで料金が変わるのは仕方ありませんね。

屋上にはヘリポート
ヘリポートはあまりに混んでいたので見学は諦めました。

新病院は
今年(2018年)12月27日にオープンとなります。

公共交通機関だと
JR常磐線 北松戸駅、JR武蔵野線 新八柱駅、新京成線 八柱駅・上本郷駅からバスが通る予定です。

自家用車の場合は
30分間無料の駐車場が513台。外来患者なら最大100円、お見舞いでも1日最大500円で駐車できます。

病院の詳細はコチラ
松戸市立総合医療センター(旧 松戸市民病院)

千葉県の看護師求人件数が多いのはココ

看護のお仕事

国保匝瑳市民病院の移転建替えは建設地選定に難航中

国保匝瑳市民病院は現病院の北約400メートルにある市の介護老人保健施設の隣接地としているが、八日市場駅南側での建設要望もあり、市議会にて建設地については再検証される見通し。

開院は2022年とし、許可病床数:100床(一般:70、地域包括:30)となることは決定済み。