「未定」カテゴリーアーカイブ

廃院を含めた あり方を検討中の出水総合医療センター

出水総合医療センターは市から公設公営、廃院、民間譲渡などの選択肢を市民へ提示し、意見徴収を行いました。

市は今後、市民の意見を踏まえて地域医療の基幹のあり方について方向性を検討します。

出水総合医療センターは累積赤字がかさみ、維持するためには今後10年間で70億円の投入が必要としています。

 

 

いり

国民健康保険久万高原町立病院が建替えを検討

国民健康保険久万高原町立病院が建替えを検討中です。
基本構想の支援業務を契約済み。計画地やスケジュールは今後の検討となる見込み。

まずは建替えの可能性を検討するとのこと。

現病院は
住所:愛媛県上浮穴郡久万高原町久万65番地
病床:77床(一般47、療養30)

 

 

市立半田病院は高台への移転の見通し

老朽化した市立半田病院の移転先はインターチェンジ付近の高台となる見通し。

推進していた市職員駐車場案は愛知県知事の提案を受けて市長が断念。住民投票の条例まで出される事態になっていましたが、コチラは否決されました。

住民投票はしないまでも、津波を考慮して高台への移転との方向で収束しそうです。まずはめでたしといったところでしょうか。

具体的な土地の取得や建設規模・予算など、今後の課題も多いでしょうが老朽化した現病院を早急に建て替えるべく迅速な対応をしていただきたいですね。

米沢市立病院は三友堂病院と提携

医師不足が深刻な米沢市立病院は同市の三友堂病院と連携することとなりました。
病床数は共に20床程度減少する方針

検討委員会では提携に合わせて、米沢市立病院は322→300床、三友堂病院190→170床が適正との判断です。

連携の分担としては、

米沢市立病院は高度・急性期医療を
三友堂病院は回復期医療を

それぞれ担うことに決まっています。

 

東京都立広尾病院

東京都立広尾病院は移転を中止。現地建替えに決定。
具体的なスケジュールは11月以降の基本計画で策定される見込みです。

当初の開院時期は2023年度でしたが見直しされるとのこと。

「災害時に平時の2倍の収容能力を持つ」としていますが、そんなに簡単じゃないけど どうするんでしょうね。

東京都立広尾病院