常滑市民病院

常滑市民病院は鯉江本町からニュータウンの飛香台に移転済み

Loading map...

Loading

所在地:愛知県常滑市飛香台3-3-3
新病院開院:2015年5月1日(予定)
建替条件(移転新築)
許可病床数:267床
標榜診療科:
内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、血液内科、内分泌・代謝内科、腎臓内科、外科、血管外科、こう門外科、乳腺外科、脳神経外科、整形外科、小児科、婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻いんこう科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科口腔外科

中部国際空港に近い常滑市民病院。未知の感染症蔓延防止のため、「特定感染症病床」が整備されているのが特徴。「特定感染症病床」の整備は全国で4番目。

市内唯一の入院施設として、新病院は急性期から在宅までを見据えたシームレスな医療を提供する。急性期病棟と回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟を持つ。

移転によって標高30メートルの高台となり、免震構造の採用など地震や津波などの災害対策を強化。

300床以下という規模を活かし、「コミュニケーション日本一の病院」を基本理念に掲げています。

常滑市民病院

進捗:開院済み
参考URL:http://www.tokonamecityhospital.jp/new